FC2ブログ

お 知 ら せ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黙想


●黙想ってどうするの?
剣道では稽古の前と後に黙想をします。
「姿勢を正して、黙想!」という掛け声で、全員が軽く目を閉じて黙想をします。
背筋を伸ばし、あごを引き、肩の力を抜いて姿勢を正します。
この時に手はおへその下くらい、丹田(たんでん)と呼ばれるところの辺りで右手の上に左手を重ねて円を作ります。
鼻から息を吸い込み丹田に息をため、口から長く細く、肺の息も全て吐きだします。
この動作を、「やめ!」の号令がかかるまで続けます。

●なぜするの?
稽古前に目を閉じてこの呼吸をすることで、心を落ち着かせ、剣道だけに集中するように気持ちを切り替えます。
また稽古後には、その日の稽古を振り返り、先生から教えてもらったことや反省点を考えます。
そうすることにより、次回の練習で同じことを指導されることなく上達していくことができるのです。

黙想は、剣道だけでなく勉強など、今から行うことに集中する必要があるときにも役に立ちます。
黙想することで短時間で心を落ち着け、一つのことだけを考え集中するように、気持ちを切り替えるができるのです。


● What is "Mokuso(meditation)"?
We meditate before and after practice in kendo.
In shout "Shisei wo tadashite,Mokuso!(with a positive attitude, meditation!) , everyone close your eyes lightly.
Keep your back straight, pull the jaw, and make relaxed your shoulder.
At this time ,hand makes a circle around the belly button,called "Tanden" ,putting the left hand on the right hand.
Breathe in breath from a nose and keep it in the stomach ,around "Tanden" and discharges all the breath of the lungs from a mouth slowly.
Continue this behavior until the word of command "Yame! (Quit)"

● Why do you do "Mokuso"?
By making this breathing with our eyes closed before practice, we can calm down and switch the feeling to focus only on kendo.
Also, the practice after, we can consider the reflection point and look back on the practice of the day .
we will continue to progress without being instructed to do the same in practice next.

Meditation is also useful when you need to concentrate on and study as well as kendo.
We can calm down in a short time by meditate and make to focus thinking only one thing.
スポンサーサイト

有効打突(一本を取る、ポイントを取る打突)

今回は、有効打突(一本を取る、ポイントを取る打突)についてお話しします。

簡単に言うと、有効打突とは
「正しい姿勢と攻める気迫をもって、 打突部位と呼ばれる部分を、竹刀の正しい部分を使って、正しい竹刀の振りで打突し、打突後にも相手の攻撃などを返すことの出来る油断のない身構えと心構えをしている打突」
のことです。

詳しく言いますと、有効打突は以下の条件を全て満たす必要があります。
 1 「充実した気勢」
 2 「適正な姿勢」
 3 「竹刀の打突部で打突」
 4 「打突部位を打突」
 5 「刃筋正しく打突」
 6 「残心あるもの」

1.「充実した気勢」とは、気合のことです。
  打ち込んだ場所を充分な気合とともに発声することです。「小手」「面」「胴」といった発声を、打ちこむときに同時  に行わなければなりません。

2.「適正な姿勢」とは、正しい姿勢のことです。姿勢が崩れた打突では一本と認められません。

3.「竹刀の打突部」とは、「物打」と呼ばれる、竹刀の先革から中結の間で弦の反対側の部分のことです。その場所以外  で打っても一本にはなりません。

4.「打突部位」とは、打つ場所のことで、「小手」「面」「胴」「突き」などがあります。
  「突き」は高校生以上でないと認められていません。

5.「刃筋正しく打突」とは、竹刀を振る方向と、「物打」の「刃部」の方向が一致している打突のことです。「刃部」と  は「弦」の反対側の部分です。竹刀を振る方向と「刃部」の方向が合っていないと「有効打突」とは認められないので  す。

6.「残心」とは、打突後も油断することなく相手の反撃に対応できるように身構え、気構えを示すことです。打突後も打  ちっぱなしになるのではなく、きちんと最後まで気を抜かず相手に正対して構えないと「有効打突」にはなりません。

このような有効打突につながる打ちができるようになるには、練習中での素振りや打ち込みの時に、しっかり意識することが必要です。


Today, we will talk about yuko-datotsu -- valid striking and/or thrusting to get one point ("Ippon" = one point).

Simply speaking, a stroke or a thrust is regarded as yuko-datotsu when you strike the right part of the other competitor's body with the right part of your shinai, with the right way of swinging your shinai, and with the right posture and vigorous, aggressive spirit. You should also show your alertness to intercept the other's attack even after you gave him/her the stroke.

More specifically, yuko-datotsu needs to fulfill all the following conditions:

1. Fully courageous spirit (Ki-se-i)

2. Appropriate (physical) posture (Shi-se-i)

3. Stroke or thrust with the right datotsu part of shinai

4. Stroke or thrust at the right datotsu part of the other's body

5. Shinai should follow the right path as if you are drawing a line with the cutting edge of a sword (Ha-suji)

6. Showing physical and spiritual alertness after delivering a stroke or thrust (Zan-shin)


[* For the Kendo words shown above, please see Kendo America's dictionary, http://www.kendo-usa.org/reference/j_e_dictionary.htm#h]

1 -- Fully courageous Ki-se-i is roughly the same thing as Ki-a-i,the state of concentration with fighting spirit.
You are supposed to strike the other competitor's body with a very powerful shout.
When you hit the other, you need to say "Ko-te (wrist) !," "Men (head)!" or "Doh (trunk)!" in a loud voice at the same time. In doing so, you can fully release your power with Ki-a-i.

2 -- Your stroke will not be counted as Ippon if your posture was badly unbalanced.

3 -- "The right datotsu part of shinai" means the part 1) between a shinai's tip and its leather strap placed approx.15 cm from the tip (naka-yui) and 2) on the opposite side of your shinai's string. This part is also called Mono-uchi, and it's believed to represent to he portion of a blade most appropriate for cutting. If you hit the other person with the part of your shinai other than this part, you cannot gain an Ippon.

4. -- "The right datotsu part of the other's body" includes Kote (wrist), Men (top of the head), Doh (left or right side of the trunk) and Tsu-ki (thrust against the other's throat). Competitors who are high-schoolers and up can make Tsu-ki, but other minors are not allowed to do so in a Kendo match.

5. -- Shinai follows "the right path" when the blade side of your Mono-uchi rightly follows the path that an actual blade of a sword should follow. "Blade side of a shinai" is the side opposite to the shinai's string. If this side is not facing the direction of the swing to hit the other, your stroke cannot be regarded as yuko-datotsu.

6. -- "Zan-shin" means to show your physical and spiritual alertness even after delivering a stroke or thrust, so that you can intercept the other's counterattack. In order for your stroke to be counted as yuko-datotsu, you should not just hit your competitor, but also face him or her with full alertness until your match is over.

Let's practice suburi and uchikomi being aware of these points, so that you can make a truly valid yuko-datotsu.

残心

剣道を習得する上で、「残心」はとても大切なことです。
では、なぜ「残心」をとらないといけないのでしょうか。
残心、つまり「心を残す」とは、「打った後にも油断をせずに、相手のどんな反撃にもすぐに対応できるような、心構えと身構えを示す」ということです。
剣道はもともと真剣(本物の刀)での勝負が始まりです。真剣で勝負をしたときは、相手を切ったと思っても、そこで気を抜いたら反撃され逆に切られることがあります。
そうした油断を戒めるために「切った(打った)後にも心を残す」と教えられるようになりました。
実際の残心のとり方は、打った後の相手の横をすり抜け前進、または後退したりして間合い(相手との距離)をとり、再び相手と向き合って中段に構えます。
これは相手の反撃を防ぐと同時に、次の攻めにもつなげるためです。十分に間合いが取れなかった場合も、相手の喉もとに剣先を向けます。
打突ができてもこの残心がないと一本にならないので忘れないようにしてください。
About zan-shin
Now, why do we have to take zan-shin?
Zan-shin, or "letting your mind stay alert," means to exhibit your alertness of the mind and your posture that allow you to respond quickly to anything your opponent does, without relaxing your guard even after you make a strike.
Kendo originates from the fight with real swords. When you fight with real swords, even when you think you strike your opponent, if you lose your attention you could be killed by the counterattack by the opponent.
To warn us of such danger, we are now taught to "let your mind stay alert even after you strike or thrust."
In practice, in order for you to exhibit your zan-shin, you pass by your opponent's side after your strike and go forward, or you go backward and take an appropriate distance from the opponent, and then face the opponent and take the posture of chu-dan.
This is done in order for you to avoid your opponent's counterattack, as well as for you to make the next attack.
Even when you cannot take a sufficient distance, you are to make the tip of your shinai pointed at the opponent's throat.
Please remember that you cannot earn a point (ippon) if you didn't make zan-shin even when you made a strike or thrust.

[Translated by Yujiro Nakano]

防具

今回は「防具」の名称について簡単に紹介します。

剣道具は、面(めん)・籠手(こて。小手または甲手とも表記する)・胴(どう)・垂(たれ)の4種から成ります。
BOUGU.jpg



面単体では後頭部を保護できず、また頭髪に接する部分が汗や皮脂によって劣化しやすくなるため、それらの弱点を補う目的で手ぬぐい(面下、面タオルなどとも称する)を使用します。
物見・・・面金の上から6本目と7本目の間(少年用など13本面金の場合は5本目と6本目の間)を「物見」といい、他よりも幅が広く、ここに目の位置が来るように着用します。


剣道防具の中で一番自分を主張できるものとして、色・材質など多種多彩なものがあります。


中央の大垂には個人の名前と所属を記した垂ネーム(垂ゼッケン)を付ける。

ちなみに・・・
剣道袴には前に五本の襞がありますが、これは先人が日常の心掛けとして「五倫五常の道を訓したもの」とされています。
儒教における五つの基本的な人間関係を規律する五つの徳目 「君臣・父子・夫妻・長幼・朋友」、人が常に守るべき五つの徳目「仁・義・礼・智・信」などの道を、剣道袴をはく度に頭に思い浮かべ、心に刻むようにつくられたものといいます。
折目正しいという言葉も、そこから生まれたと解されています。また、後ろの一本の襞は男子として二心のない誠の道を示したものといわれています。
最新記事
プロフィール

columbuskendo

Author:columbuskendo
私たち、コロンバス剣道部です!

カテゴリ
技 (3)
他 (7)
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。