FC2ブログ

お 知 ら せ

反則

今回は、試合中にしてはいけないルールについてお話しします。
このルールを守らなければ反則をとられ、反則を2回すると相手に一本与えられてしまいます。

いくつかありますが、小・中学生の試合でよくみられる反則を紹介します。

☆片足が場外へ出る
  試合中、体の一部(足、手、お尻など)が出たら反則とされます。
☆竹刀をおとす
  どんな理由であれ竹刀を落とした人は反則とされます。
☆竹刀の刃部をつかむ
  自分の竹刀でも、相手の竹刀でも試合時間中に竹刀の刃部をつかんだら反則です。
☆相手を無理に場外に出す]
  相手を押したり、竹刀で突いたりして、無理矢理に場外に出そうとすると反則になります。
☆竹刀の刃部を握る
  試合中に刃部を触るときは、審判にタイムをかけてからでないと反則となります。

Today, we will discuss the rules about what you are not allowed to do during a Kendo match.
When you break these rules, your play will be considered a foul. If you committed two fowls, your competitor will get one point.
There are several things not to do, but those which are frequently found in matches among elementary-to-middle schoolers contain the following:

1) One of your legs getting out of the court.
If any part of your body (such as your leg, hand or bottom) got out of the court during the match, you have committed a foul play.

2) Dropping your shinai.
Whatever the reason is , if you dropped your shinai, you have committed a foul play.

3) Grabbing the blade part of the shinai.
Whether it's your own shinai or the competitor's shinai, if you grabbed the blade part of the shinai during the match, that would be counted as a foul.

4) Forcibly pushing your competitor out of the court.
If you forcibly pressed your competitor out of the court, say, by pushing him/her or by thrusting him/her with your shinai, you have committed a foul play.

5) Touching the blade side of your shinai
Touching the blade part of your shinai will be regarded as a foul play, unless you have called the judge to request a time-out to do so.
スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

columbuskendo

Author:columbuskendo
私たち、コロンバス剣道部です!

カテゴリ
技 (3)
他 (7)
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR